1. TOP
  2. IR情報
  3. ディスクロージャーポリシー

ディスクロージャーポリシー

基本方針

当社は、ミッションステートメント、コーポレートミッション、長期ビジョン、経営計画、その他の財務情報および非財務情報について、詳細かつ平易な記載による公正、適時な開示を実施することを通じて、実効的なコーポレートガバナンスを実現し、当社の企業価値の適切な評価を市場から得られるよう、付加価値の高い情報発信を行います。

対象となる情報

当社は、金融商品取引法等の関係法令や当社の株式を上場している証券取引所の定める規則等により開示が求められる情報、および、これに該当しない場合でも投資家の投資判断に影響を与えると思われる情報(以下、「重要情報」)について本ポリシーの対象とします。なお、個人情報、顧客情報及び関係者の権利を侵害することになる情報につきましては開示しません。

開示の方法

当社は、関係法令・証券取引所規則等に従い情報を開示します。
また、上記以外の情報に関しましても情報の内容に応じて、適切な方法で情報開示を行います。

株主・投資家との建設的対話

当社は、株主・投資家との建設的な対話を促進するため、下記の事項に配慮します。

  1. 株主・投資家との対話と社内へのフィードバック
    当社は、IR担当部門である経営企画部を中心に、面談や説明会等の様々な機会を活用しながら、株主・投資家との建設的な対話を行います。また、対話を通じていただいた意見等は、経営陣を含む社内関係者にフィードバックし、企業活動に適切に反映するよう努めます。
  2. 未公表情報の取扱い
    未公表の重要情報が一部の株主・投資家のみに選別的に開示されることのないよう、当該情報の関係者に対してフェアディスクロージャーガイドラインに従った情報管理を徹底します。
  3. 沈黙期間
    決算情報の漏洩防止のため、各四半期の決算発表前の3週間を沈黙期間とします。この期間は、決算に関連する直近の開示情報とは異なる新たなコメントは差し控えます。ただし、当該期間中に重要情報が発生した場合には、関係法令・証券取引所規則等に従い情報を開示します。